創業50年神社仏閣設計施工 織戸社寺工務所日本の美と匠の技を未来に傳える

tel.047-453-5616 千葉県習志野市

神社仏閣を建て替えるときの2つの不安

本物の立派な社寺建築を建てると、建物の魅力によって人出が増え、やがては地域とともに発展していく力になる、ということを前回の「あなたの神社仏閣も参拝者が増え地域活性化の要になる」でお伝えしました。でも、そうは言っても、実際に建て替えを考え始めると、すぐに不安に思われるかもしれません。

その不安は「寄付が集まらないのでは?」と「本当に参拝客が増えるだろうか?」の二つではないかと思います。

建て替えを考えたときに出る2つの不安

1、「寄付が集まらないのでは?」という不安

建物の老朽化や、使い勝手の問題など、様々な理由から、建て替えや修繕を考える皆様にとって、最初の関門が「お金」ではないかと思います。良いものを建てようとすれば、大きな予算がかかる。それだけの費用をどうやって用意するのか、ということが問題になると思います。

寄付を集めるとしても、今どき、なかなか簡単ではないかもしれません。

2、「本当に参拝客が増えるだろうか?」という不安

もう一つの不安は、いざ建て替えたとしても、本当に参拝客が増えるのか、という事です。

「もし、参拝客が増えなければ、せっかく苦労して寄付を集めて建て替えたのに、寄付をしてくださった皆様から非難の声も上がるかもしれない」と、不安になるのも当然だと思います。

2つの不安を解消する方法

では、そのような二つの不安を解決する方法についてお話を進めてゆきましょう。

1、協力者は必ず現れる

資金面の不安は、協力者の存在によって解決することができます。宮司様、住職様の心ひとつで、必ず寄付は集まるものです。ここでは、その方法についてお話したいと思います。

まず、ほとんどの檀家さんや氏子さんは、「地元の神社やお寺を護りたい」という思いで集まってくれている方々です。ですから、「本物の神社仏閣を建てたい」という思いは、必ず共有できるものなのです。

宮司様、住職様が、建築について必ずしも詳しく知っている必要はありません。もっと抽象的な話でよいのです。「カッコいいお寺を見て感動した」「あの神社は建物も境内も美しく、是非参考にしたい」など、本物の神社仏閣を見て、心を動かされるような経験さえあれば、その思いを率直に素直にお話することで、必ず周囲の理解・賛同を得られると思うのです。

「本物を建てることに意義があるのです!」と強く決意して取り組み始めると、その本気さを理解し、賛同し、協力してくれる方が必ず現れます。

もし、協力してくださる方が少人数だったとしても構いません。むしろ、少ないメンバーのほうが、話が伝わりやすいこともあります。しっかり理解し、賛同してくださる方が何名か集まれば、工事計画は確実に動き出すのです。

もちろん、希望する建物の規模が大きかったり、小規模でも立派な装飾が施される場合には、工事費が大きくなるかもれません。目標予算が大きければ、希望実現に時間がかかることもあるかと思います。だからこそ、重要なのは、その神社やお寺のトップである宮司様や住職様の断固たる「決意」であり、その決意に賛同してくださる方々の助力なのです。

2、参拝者は必ず増える

しっかりした宮大工が建てた社寺建築は、屋根の線が流れるように美しく「流麗」で、思わず見入ってしまうような「荘厳」な佇まいがあります。たとえ規模が小さくても、見るからに立派な建物であれば、参拝する人の気持ちも変わってきます。地域の人たちの心に、「あのお寺が立派になったからお参りしてみようか」という気持ちが起きてくるのです。

初詣、七五三、お宮参りには、「有名だから」と、遠くの神社まで行っていた人たちが「近くに素敵な神社ができたから」と地元に帰ってきてくれます。建物が整備されると、そういう参拝者が確実に増えてきます。

もちろん、「そんなにうまく行くのか?」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし私は、三十年、社寺建築をやってきたからこそ、それは事実である、と強く感じるのです。私は、実際にそういう事例をいくつも見てきました。以前に「小さな神社が建て替えで参拝客が大幅に増えた話」でご紹介した「森の中の神社」もその良い例です。

協力者が増え、立派な建物ができて、参拝者が増えれば、その中心である神社仏閣は益々発展し、さらに境内整備が進んでいくでしょう。そうなれば、協力者も参拝者もさらに増えて、もっと立派な建物を建てることも実現すると思います。

まず、宮司様や住職様の決意さえあれば、賛同者・協力者の支援が始まります。そこに、しっかりした宮大工の仕事が加わって、すべてが一丸となって「立派な建物を建てよう」と動き出せば、見事な神社やお寺が出来上がります。

そうすれば、必ず参拝者が増えます。結果的には、当初の予算の心配を忘れてしまうようなことが起きるのです。

予算的なことが大問題である事は、重々承知しておりますが、「強い思い」「強い決意」がとても大切だという事を、頭の片隅でも結構ですので、覚えておいていただきたいと思います。

そして我々宮大工も、施主様の決意の実現に向けた最大の協力者・支援者になりたいと考えております。

小冊子プレゼント

織戸社寺工務所お問い合わせ