創業50年神社仏閣設計施工 織戸社寺工務所日本の美と匠の技を未来に傳える

tel.047-453-5616 千葉県習志野市

神社建築の施工実績

千葉県神社庁新庁舎内 神殿新築工事

千葉県神社庁新庁舎内 神殿新築工事

千葉県神社庁新庁舎内 神殿新築工事
千葉県千葉市

施工内容

神社新庁舎内 神殿新築工事(主要木材:ヒノキ・米ヒバ)
玄関唐破風屋根(屋根木下地・銅板工事のみ)

宮大工の経験を活かし、お客様のご要望をかなえた美しい造りに仕上がりました。

ご依頼の経緯

玄関唐破風屋根の屋根木下地と銅板工事

この工事は、千葉県神社庁の新庁舎新築工事に伴い、庁舎内の神殿と、正面出入口に大型の唐破風屋根の新築工事を施工したものです。

庁舎本体は鉄骨造であるため千葉県内の株式会社山田工務所様が元請となりました。

新庁舎の設計プランを考える際に、「神社庁では若手の神職さんの研修にも使われるので、建物の中に収める神殿は正真正銘の神社造りにしたい。」「神社庁なので、玄関には神社としての趣を表したい。」という意見が多く出され、「神社造りの専門家である宮大工に施工を依頼しよう。」という事になったそうです。そこで宮大工の選定が行われました。協議の結果、有り難くも当社にお声がけを戴きました。

工夫したこと

神殿、唐破風屋根とも、設計士の描いた基本設計はありましたが、実際に施工するにあたって、建設委員の皆様のご要望をよく伺って、間取りや納まりを変更しました。

たとえば、神殿の工事では、神事の際の宮司様の立ち居振る舞い、所作が美しくなるように、という建設委員の皆様の意見を繁栄した間取りにしました。また、大広間の正面に設置する神殿なので、大きい方が立派なのですが、あまり大き過ぎると、面積を取り過ぎて、着席できる人数が減ってしまうため、バランスを考慮して平面計画を設計しました。

唐破風屋根の工事では、「豪華な造りにしたい」というご要望と「予算を抑えたい」というご要望の両方が出されました。そこで、私どもでご予算を考慮しつつ見栄えのする唐破風屋根になるように図面を描き、お見積りさせていただきましたところ、その案をご採用いただきました。

このような、宮司様の立ち居振る舞いを考慮したり、見栄えの微妙なバランスを考えた設計のご提案も、宮大工の強みです。

<< 神社建築の施工実績一覧に戻る

その他の社寺建築実績

  • 神社建築の施工実績
  • 寺院建築の施工実績
  • 付属建築の施工実績

小冊子プレゼント

織戸社寺工務所お問い合わせ